PHOTOLOG

RGBとCMYKの違い

RGBとCMYKの違い

"PHOTOPRI"で使用していますEPSON SureColorプリンタは、通常の『sRGB』と『Adobe RGB』の2種類のカラーモードでのプリントができます。 sRGBとAdobe RGBの色の違い 下にEPSON PX-5002で実際に2つのカラーモードでプリント後スキャンし、画像化したものを掲載しますので色の違いを確認してください(リサイズなどを行っていますので元のプリントより画質は落ちますが)。 プリントに使用した画像、用紙情報は 素材辞典 Vol.20 群生の花・桜編ファイル種類: jpegファイルサイズ: 2950×2094 pixel解像度: 350 ppi色の表現: なし用紙種類: エプソン写真用紙〈光沢〉 花の黄色の部分(特に中央のドーナツ状の部分)がスッキリしていることと緑の茎の濃さも違っています。バックのぼんやりしたところの緑も『sRGB』より薄めですね。 全体的に『sRGB』のメリハリが強く『Adobe RGB』はスッキリ自然な感じがします。 AdobeRGBカラースペースの特徴 『Adobe RGB』の最大の特徴はsRGBと比較すると、青から緑にかけての部分など、一部色域の範囲が大きくなっています(右グラフ参照/EIZOサイトより転載)。 そのためでしょうか上写真のひまわりの黄色や緑の部分でsRGBで表現できない色域がプリントされているように思います。 ここに画像は掲載していませんが、他にプリントしました赤い花や青い空の表現も若干どぎつさは消え柔らかな印象を受けます。大判プリント出力では違いがもっと顕著に現れると思います。 以上の感想は私の個人的な印象ですのですべての方が受け取られるものとは違うかもしれませんが、試してみる価値はあるように感じます。 当サービスでのプリント方法 『Adobe RGB』カラーモードでご注文の場合、プリンタ・ドライバでの設定で対応いたします。 入稿時のご注意 入稿画像が『Adobe RGB』であること 『Adobe RGB』カラーモードでも料金は変わりません...
続きを読む

用紙を比べて、あなたに最適な一枚を。

一眼レフカメラやスマートフォンで撮影した数多くの写真。 写真用紙に印刷をしてみたいと思っていても、あまりの用紙の種類に戸惑う人も多くいるはず。種類を把握するだけでも一苦労。メーカーによって呼び名が変わったり、人によっておすすめの用紙が変わったりして、思うように決められなかった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 写真用紙といえば、一般的なものが「マット紙」「印画紙(光沢)」「印画紙(絹目調)」「和紙」の4種類です。この4種類を比較し、各用紙の仕上がりの違いについてまとめました。なお、今回比較したのは”PHOTOPRI”で取り扱いのある用紙の中から一部の代表的な用紙に限らせていただきました。  A.マット紙…【EPSON】PXプレミアムマット紙 B.印画紙(光沢)…【EPSON】プロフェッショナルフォトペーパー厚手光沢 C.印画紙(絹目調)…【EPSON】プロフェッショナルフォトペーパー厚手絹目 D.和紙…【阿波和紙】楮 厚口 白 ※その他の用紙の特徴についての記事は順次更新していきますのでお待ちください。 「写真をプリントするための用紙」についての記事も作成してありますので、お時間のある方は是非、参考にしていただければと思います。 「用紙のなるほど」(写真用紙とは何か知りたい方、注文がはじめての方向け) 印刷してみた。 A.マット紙…【EPSON】PXプレミアムマット紙 エプソン純正マット紙の中で、最も広い色再現性を持っている高品位マット紙。厚みは0.25mm。 用紙が分かる写真 この用紙はさらさらとした触感でシンプルな外観です。印刷後は鑑賞者に「やわらかい」という印象を与えます。表面のテクスチャは滑らかで色のりも良いです。 マット紙なので当然ですが、光沢の写真用紙と比べて落ち着いた写真に仕上がります。クラシカルな写真はこの落ち着きが似合います。 ※マット紙は基本的に印刷後の「擦れ」に弱いです。他の用紙同様、取り扱いにはとても気を配る用紙のひとつです。マット紙での印刷をご注文された場合は、開封時からお気を付けください。 【epson】pxプレミアムマット紙 <商品ページへ>   B.印画紙(光沢)…【EPSON】プロフェッショナルフォトペーパー厚手光沢 RC紙(レジンコート=合成樹脂コート)が採用された光沢感の強い用紙。厚みは0.27mm。 用紙が分かる写真 単的に説明するならば「つるつるピカピカ」の用紙です。写真をリッチ感満載の作品にすることができますね。余談ですが、この用紙は少しの傷も目立つため、私たちもチェックをする際は一層力を入れています。 プロユースの用紙なので、その写りは「流石」の一言、美しい。プロの写真家やアーティストの個展など、特別なときの印刷で利用される方も多いです。 【EPSON】プロフェッショナルフォトペーパー厚手光沢 <商品ページへ>  ...
続きを読む
【写真用紙の選び方】作品の魅力をさらに引き出す用紙選び │ PHOTOPRI【超高精細の写真プリントサービス】

【写真用紙の選び方】作品の魅力をさらに引き出す用紙選び

スマートフォンのカメラの急速な進化により、誰もが手軽に写真撮影を楽しむことができる時代。 「撮った写真を用紙に印刷するーーー」 写真の良さが、時代にまた飲み込まれそうになっている。 普段はディスプレイで見ていても、用紙に印刷することでさらに”一枚”の魅力に引き込まれる。 お気に入りの写真を印刷し、手に取り、じっくりと見る。 レンズに写した目の前の驚きがーーー 被写体が放つ艶やかな瞬間がーーー 何気ない日常の一枚がーーー SNS時代にあえて“印刷”をすることで、 より有意義な時間を生み出してくれるのではないでしょうか。 ただ、いざ用紙を選ぶとなるとあまりの種類の多さに迷う人も多く… 種類が多すぎて分からない。 結局どれを選べばいい? 用紙の違いは何なの? 目的にあった最適な用紙ってあるの? といった声を多く聞きます。 そこで、数ある写真用紙のそれぞれの大まかな特徴をはじめに解説します。 一緒に”PHOTOPRI”から注文できる各用紙も記載しますので参考にしてください。 (解説しているものの中で一部、取り扱いのない用紙もございます。ご了承ください。) 目次 Q.印画紙とは? Q.マット紙とは? Q.光沢紙とは? Q.和紙とは? Q.ファインアート紙とは? Q.写真印刷するためにおすすめの厚さと用紙の種類はありますか? Q.写真を印刷したいのですが、どの用紙の種類がおすすめなの? Q.ファインアート紙とは? Q.印画紙とは? A.印画紙は、主に銀塩プリント用の用紙のことを指しています。...
続きを読む