コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

記事: デジタルアートを印刷する3つのポイント!

デジタルアートを印刷する3つのポイント!

写真展品質の大判プリントサービス"PHOTOPRI"の代表、松邑です。
プロのカメラマンとしても活動させていただいてます。
本日は「デジタルアートを印刷する3つのポイント」について解説してゆきます。
最後にはデジタルアートを注文する前に使えるお得な情報もあるので是非最後までお読みください。

目次

  1. ポイント1:解像度に注意しよう
  2. ポイント2:カラーマネジメントを設定しよう
  3. ポイント3:用紙・インクにもこだわろう

ポイント1:解像度に注意しよう

デジタルアートを印刷する際は、解像度に注意が必要です。
解像度が低い場合は、印刷した際に画質が荒くなってしまうことがあります。
一般的に、解像度は300dpi以上が望ましいとされています。

ポイント2:カラーマネジメントを設定しよう

デジタルアートを印刷する際は、カラーマネジメントの設定が重要です。
カラーマネジメントを設定しない場合、印刷物と画面上の見え方が異なってしまうことがあります。
Adobe Photoshopなどのソフトウェアを使用する場合は、カラーマネジメントの設定にも注意しましょう。

ポイント3:用紙・インクにもこだわろう

デジタルアートを印刷する際は、用紙やインクの選択にもこだわりましょう。
用紙によって印刷物の質感や色味が変わってくるため、自分が表現したいイメージに合った用紙を選ぶことが大切です。
また、インクの品質にも注意しましょう。

まとめ

デジタルアートを印刷する際には、解像度やカラーマネジメント、用紙・インクの選択に注意が必要です。解像度は300dpi以上を目安に設定し、カラーマネジメントの設定にも注意しましょう。
用紙やインクにもこだわって、自分が表現したいイメージに合った印刷物を作りましょう。
PHOTOPRIはアート専門の印刷サービスで、高品質な印刷物を提供しています。
デジタルアートの印刷にはぜひPHOTOPRIをご利用ください。

TEST PRINT

無料のお試しプリント

写真展品質の大判プリントサービス"PHOTOPRI"では最大B0ノビサイズのプリントに対応しており、私を含むプロのスタッフが熟練のカラーマッチングでお写真やイラスト・絵画作品を高精細かつ美しく仕上げております。

A1サイズで約3,800円〜とクオリティに反してリーズナブルですのでよかったらご検討ください!

A5サイズであれば最大無料のお試し印刷もやっているので、まずは品質を確認してみてくださいね〜!

お試しプリントへ