私×写真用紙クリスピア高光沢

EPSON写真用紙クリスピア高光沢

EPSON(エプソン)から販売されている写真用紙の中でも、写真用紙クリスピア高光沢(以下、クリスピアと記載します。)は最高峰です。

誰もがうなずく映える写り。

耐久性も高く、コシのある用紙。

同メーカーから発売されている「プロフェッショナルフォトペーパー厚手光沢」よりも、その煌めきは強く、透き通った印象を与えることができます。

私たち"PHOTOPRI"として、また個人的にも、クリスピアを多くの方に体験していただいたいという強い想いがあります。

「クリスピアの特徴について知りたい。」

「他の用紙と比べてどう違うの?」

「どんな写真やイラストに適しているの?」

などのお悩みを持った方やクリスピアの採用にいまいち踏ん切りがつかないという方に向けて書かせていただきます。

〈取扱用紙〉

EPSON】クリスピア高光沢という選択

EPSON写真用紙クリスピア高光沢

失敗をしたくないプリント初心者のあなたに

突然ですが「大判印刷をしたことがない。」「印刷屋さんで初めて注文するんだけど」「初めてだけど失敗したくないなぁ。」というプリント初心者の方にこそクリスピアをオススメします。(その理由は後述します。)

大判印刷を経験したことのある方は少なからず一度は、クリスピアを使ったことがあると予想しています。

実際に"PHOTOPRI"にご注文をいただく方の多くが「プリントをするときには毎回クリスピアを採用している」というような「クリスピア常連」になります。

光沢系の用紙は国内のメーカーが出しているもの以外にも、海外で作られているものも含めれば、たくさんの数があり、用紙選択をする上で本当に迷ってしまいますよね。

プリント初心者の方からすれば星の数ほどに感じられると思いますが、そこでまずオススメしたいのがクリスピアなのです。

明鏡のような用紙

クリスピアの大きな特徴のひとつとして高光沢という点が挙げられます。

商品名に「高光沢」と書かれているくらいなので、この点に関してはメーカー側も強く勧めたいところですね。

EPSON写真用紙クリスピア高光沢

上の写真のように、クリスピアで印刷をした写真は、その表面がとても艶やかで反射も強く、シャープさを求めるのであれば、これ以上右に出る者はいないと言えるほどの仕上がりです。

EPSONから販売されている光沢系の用紙は、どんな写真であっても及第点を得られます。つまり「好感のもてる画作り」ができるように用紙の開発がなされ、その後も企業努力された賜物なのかと思います。 

ところが、クリスピアは及第点どころではなく、最高得点に近い存在です。

EPSON写真用紙クリスピア高光沢

クリスピアの代名詞は「美しい煌めき」。

光沢系の用紙はものによっては派手なくらい光ってしまい、ときには下品に感じられるものもあるかと思います。

クリスピアは光沢感の強い用紙にはなりますが、滑らかな上品な光り方をするので見ていて疲れませんし、むしろずっと見ていられるほどの写真作品に仕上げられます。

汎用的に使える写真用紙は数あれど、クリスピアには高光沢による絶対的な美しさがあるので、他の用紙と比べたときに違いがはっきりと分かるユニークな用紙でもあります。

情報を集めやすい

EPSON写真用紙クリスピア高光沢

クリスピアは数ある光沢系用紙の中でも認知度、写りともに最高レベルに位置付けられるもののひとつです。

クリスピアについてGoogleで調べてみると、プロの写真家やフォトグラファー、アマチュアで趣味で楽しんでいる方が書いたクリスピアについての記事やレビューが多いことが分かります。

また、クリスピアを販売しているお店も数がたくさんあることから多くの人が「クリスピア」という用紙に触れてきていることも分かります。

そして、この点は個人的にとても大切だと考えています。

「みんなが使っている」ことを嫌う人をときどき見かけることがあります。

例えばファッションの分野では「他人と被らないように個性のあるファッションを楽しむ」という人たちは多いですし、皆さんもイメージしやすいかと思います。

もちろんファッションの世界ではそれは尊重すべきことですが、プリントの世界では「みんなが使っている」ということは重要な要素です。

なぜなら、困ったときに情報を集めやすいからです。

プリントの経験を重ねていくと「もっとこうしたい」「自分の理想に近づけたい」と改善したいことや気になることが出てくると思います。

もしそうなった場合、周りに聞ける人がいるということは問題解決をする上でとても役立ちます。

「こういう写真ならまさにクリスピアが良いんじゃない?」

「この写真でクリスピア選ぶと派手になりすぎるかもね。」

などの意見交換ができるようになることは大きな一歩かと思います。

EPSON写真用紙クリスピア高光沢

また、これは余談ですが、クリスピアのような最高レベルをはじめに知ることで、長期的に見たときに、人によっては時間とお金がかかりません。

「どれを選べばいいか分からない。」という方が、はじめにクリスピアを選択し、印刷結果に納得できれば究極、他の光沢系用紙は試さなくていいわけです。

ご注文をいただく方の中には、生涯クリスピアしか使わないという方もいらっしゃいますので(笑)、それだけ魅力のある写真用紙かと思います。

クリスピアしか使わないというどっぷりその魅力にはまってしまった人にとっては、他の用紙にお金をかけなくて良いというのはメリットと言えるかもしれませんね。

 

どのような写真・イラストに適しているのか

特別感の演出をしたいとき

クリスピアでご注文をされる方の写真を見てみると、被写体のジャンルは実に様々です。

それと「写真」を印刷することが多く「イラスト」を印刷することはそう多くありません。イラストの印刷を考えている方は、プレミアムマット紙をオススメしています。

イラストレーターの方から高い評判を受けているので是非ご検討ください!

プレミアムマット紙の記事はこちら

クリスピアは、ウェディング写真や入学式・卒業式など、イベント写真の印刷にはとても人気のある用紙です。

記念として撮った写真の印刷に選ばれることが多いので、高級感のある用紙で贈りたいという場合にはオススメできます。

また個展などの展示会のときの採用率も高いです。

ただ、上述した通り、高光沢により反射が強い用紙のため、明るい場所での展示には向いていないかもしれませんので、会場のライティングにはよく配慮する必要がありそうです。

取り扱いの注意点

クリスピアは、光沢感が強いので印刷物の表面にうっかりつけてしまった傷が反射光で目立ってしまいます。

もちろんどの用紙でも傷は付きますが、クリスピアの場合は特に気をつける必要がありますので、箱から取り出す際はお気をつけください。 

おまけ

クリスピアで表現される写真は撮影現場の空気感まで閉じ込めたような素敵な写真に仕上がります。

もしクリスピアの光沢感が気に入り、他の用紙も比較したい、ということであれば、同等の光沢感の【PICTORICO】ホワイトフィルムもオススメです。

"PHOTOPRI"では取り扱ってないものなので、ここで勧めるのも恐縮ですが、ホワイトフィルムもとてもシャープにきめ細かい表現をしてくれますので、選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

写真用紙クリスピア高光沢をお試し印刷してみませんか?

車を買う時は一度試乗をするように、プリントをする前に、まずは無料のお試し印刷をご利用いただき、ご自身の目で用紙を体験してほしいと思っています。

光沢紙、マット紙、ファインアート紙、和紙など多岐に渡る用紙それぞれがもつ風合いや手触り、色写りなど、実際に印刷物を手にしてみないと分かりませんよね。

たくさんの用紙の中からベストなものを選択しようとしても、いきなりは難しいと思います。どれを選んだら良いのか分からないという方は本当に多いのです。

お試し印刷は、ご自身の写真データを使って出力することができます。

大判プリントを注文したことがない方、一枚からのご注文も受け付けておりますので、是非一度ご活用ください! 

 

お試し印刷

 

 

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。