【オススメの用紙はコレ!】イラスト印刷で作風別におすすめしたい用紙

デジタルイラスト印刷のオススメ用紙

「絵を描く」

アナログイラストが当たり前だった頃、パソコンやタブレットでデジタルイラストを描く人はそう多くありませんでした。

特にタブレットの登場はここ10年程ですし、なんとなくデジタルへ移行するのにも抵抗を感じた人は多いのではないでしょうか。

アナログ、デジタルともに「良さ」はありますし、絵描きの方にとっては「描くこと」の尊さはどちらでも変わらないので「絵を描くこと」を純粋に楽しんでいる方はとても素敵だなと思います。

そんな彼らに影響を受け、芸術鑑賞をする楽しさに目覚めた人もたくさんいます。(私もそのうちの一人です。) 

最近では”PHOTOPRI”にご注文をいただくお客様からも「イラストの印刷に向いている用紙は?」と問い合わせを受ける機会が増えましたので、記事としてまとめていきたいと思います。

 今回の記事では、

「イラストに向いている用紙、向いていない用紙はあるのか」

「イラストの印刷にオススメの用紙は何か」

を主軸につづりますので参考にしてください!

用紙選びのコツ。

ご注文の際に気をつけたいこととして以下のポイントを挙げます。

1.どこに展示する?

まず、室内展示なのか屋外展示なのか。

室内でも自分の部屋に飾るのと、展示会場で飾るのとではイラストから受ける印象が変わります。

展示会場でのライティングは一灯なのか、多灯分散なのか。

屋外展示の場合は、直接日光が当たるのか、木洩れ陽程度なのか、地下道のような場所での展示でそもそも日光は当たらないのか。

光の加減が鑑賞者に与える印象は大きく変わるので用紙選択をする上で非常に重要なポイントと言えます。

2.どんな用紙がある?

”PHOROPRI”でご用意している用紙は大きく分けて2種類あります。

光沢系の用紙マット系の用紙です。

ざっくりとした説明にはなりますが、

光沢系の用紙は紙の表面につや出しの加工が施されているため、ツルツルしていて、写真・イラストもくっきりと写り、どちらかというと派手な印象を与えることができます。

マット系の用紙は紙の表面につやを抑える加工がされており、ザラザラしていて、どちらかというと落ち着いた印象を与えることができます。

受注の統計からお伝えすると、イラストの印刷には多くの方がマット系の用紙を選択されています。

テイストの違い、用紙の違い。

1.キャラクターイラスト

デジタルイラスト印刷のオススメ用紙

【Twitterから(ゆ菓子@dagasi_yk)様。他サイトへの無断転載はお控えください

日本が誇る代表的な文化でもありますが、漫画やアニメ、ゲームに登場するキャラクターを模写したり、アレンジを加えたりしてイラスト制作をされている方は多いと思います。

 「全体的にラフな感じにしたい」「目に飛び込んでくるほどのインパクトが欲しい」など、鑑賞者に「どのような印象を残すか」を考えながら「キャラクターの何を表現したいのか」を追求するイラストレーターは多いのです。

キャラクターイラストの印刷をする場合、用紙選択の基準を「作品を艶やかな表現にしたいかどうか」を軸にされると良いのではないかと思います。

艶やかな表現を求めるのであれば光沢系の用紙をオススメします。

特に「写真用紙クリスピア高光沢」というEPSONから販売されている用紙は、写真・イラストともに人気です。

 

デジタルイラスト印刷のオススメ用紙

(↑クリスピアの例。人物写真の印刷の一例になってしまいますが、この光沢感を見てほしい。きれいな反射は圧巻ですよね。)

光沢系の用紙の中でも、クリスピアは用紙自体の白さが引き立っているため、くっきりと映し出すことができることができ、透明感と高級感を出すことができる、ということが理由ですね。

もし、キャラクターのもつ透明感をより引き出したい場合はオススメできる用紙のひとつと言えます。

マット系の用紙の場合は、なんといっても落ち着きのある印象を与えることができる点です。

艶やかな表現よりも、落ち着きのある表現をしたい方はマット系の用紙をオススメします。

キャラクターのイラストの印刷では、一枚絵にしたときのラフさ、というか質素な感じが妙にしっくりくるのですが、そこにハマるイラストレーターは結構いると思います。

特に「PXプレミアムマット紙」は支持が厚いです。

デジタルイラスト印刷のオススメ用紙

(↑プレミアムマット紙の一例。光沢感はありませんが、素朴な感じがたまりません。)

描き手のキャラクターの雰囲気を大切にしたいという想いや作品の魅力をそのまま実現させるにはプレミアムマット紙はぴったりかと思います。

〈取扱用紙〉

2.幾何学的イラスト

デジタルイラスト印刷のオススメ用紙

次に、上の写真のような幾何学的なアート作品についてです。

直線や曲線などシンプルなもので表現されている、数学的な印象を受けるイラストですね。

こういったテイストの作品の場合、光沢系の用紙をオススメします。

特に「プロフェッショナルフォトペーパー厚手光沢」です。

直線や曲線、色の塗り分けというシンプルな手法で制作されたイラストは、作品自体がもつ印象も「シンプル」なものにあるかと思います。(もちろんシンプルな手法で複雑な印象作りをされる方もいらっしゃいます)

プロフォト厚手光沢を使うことで「シンプルなものをシンプルに」という忠実な再現をすることができるのです。

また、色再現性(再現できる色の範囲)については、マット系の用紙よりも光沢系の用紙のほうが高いと言えます。

つまり光沢系の用紙のほうが鮮やかに感じるということです。

とはいっても大きく色味が変わって印刷されるわけではありません。

マット系の用紙でも色再現性の高い用紙はありますが、光沢系の用紙のほうが色の変わり幅が狭いため、安定した出力をすることができます。

こういった幾何学的なテイストの印刷で、ディスプレイで見たときと実際の印刷物の色味の差異がない出力ができる、という点は、作品づくりにお力添えする立場として、必要不可欠だと思っています。

〈取扱用紙〉

3. 風景イラスト

デジタルイラスト印刷のオススメ用紙

最後に、風景のイラストです。

風景のイラストはアナログ・デジタルに関わらず、色の重なりが実に複雑で、風景イラストを鑑賞することが好きだという方は多いのではないでしょうか。

自然を対象にした味わいのあるイラストの場合、鑑賞者に与えたい印象としては「素朴さ」であることが多いです。

事実、こういった風景イラストの場合は、マット系の用紙でのご注文が多い傾向にあります。

(もちろん上の写真で説明すると、煌びやかな海の街ではなく、どっしりと構えた山に佇む家や木々なので、素朴さを追求したほうがしっくり来ると思いますが、もう少し派手さを求めるならマット系ではなく、光沢系の用紙でもおもしろいかもしれません。)

マット系の用紙の中でも「MC画材用紙」がオススメです。

画材用紙は、用紙の表面が少しざらざらとしていて、印刷物に立体感を加えることができるという点が特徴です。

デジタルイラスト印刷のオススメ用紙

ざらざらしているというのは、用紙表面に凸凹があるということです。

この凸凹にインクがのることで、離れて観たときに立体的に感じるわけです。

目の前の風景がより広がりを見せてくれるので圧倒される方もいらっしゃると思います。

 また、画材用紙に印刷された作品は、絵画的にもなります。

(「絵画的」という点で言えば、ピクトランの局紙もそうなのですが、高級紙なので、ここぞというときに利用するのがいいと思います。)

デジタルで描かれた風景イラストでも、絵画的という要素を加えることができるのは、大きな魅力かと思いますので、是非お試しください。

〈取扱用紙〉

イラスト印刷で迷ったらマット系!

イラストの印刷に「向いている用紙」「向いていない用紙」があるのか。

これは一概に言えるものではありません。

なぜなら使用用途、印刷の目的によって用紙選択は変えたほうがいいからです。

光沢感の強い用紙を日光が当たる場所で展示したら…

きっと反射がきつくて作品を鑑賞するどころではないと思うんです。

そういう意味では、やはりマット系の用紙を選択することが失敗しない用紙選びに繋がるのではないかと考えます。

マット系の用紙に印刷をすると「目が疲れにくい」という点が挙げられます。

反射が強いものをずっと観ていると疲れやすくないですか?

目が疲れにくいということは、作品の目の前で鑑賞者の立ち止まる時間を長くすることができます。

長い時間鑑賞してもらえれば、より一層作品に引き込まれていくと思うんです。

”PHOTOPRI”に依頼される多くのイラストレーターはマット系の用紙を選択されています。

参考になるかは分かりませんが、皆さんの何かのヒントになれれば嬉しく思います。

お試し印刷してみませんか?

車を買う時は一度試乗をするように、プリントをする前に、まずは無料のお試し印刷をご利用いただき、ご自身の目で用紙を体験してほしいと思っています。

光沢紙、マット紙、ファインアート紙、和紙など多岐に渡る用紙それぞれがもつ風合いや手触り、色写りなど、実際に印刷物を手にしてみないと分かりませんよね。

たくさんの用紙の中からベストなものを選択しようとしても、いきなりは難しいと思います。どれを選んだら良いのか分からないという方は本当に多いのです。

お試し印刷は、ご自身の写真データを使って出力することができます。

大判プリントを注文したことがない方、一枚からのご注文も受け付けておりますので、是非一度ご活用ください! 

 

お試し印刷

 

 

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。