コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

記事: 【NFTアートの印刷したい方必見】NFTアートにおすすめの印刷用紙を印刷のプロが解説

【NFTアートの印刷したい方必見】NFTアートにおすすめの印刷用紙を印刷のプロが解説 - PHOTOPRI【写真展・美術展品質のプリントサービス】

【NFTアートの印刷したい方必見】NFTアートにおすすめの印刷用紙を印刷のプロが解説

NFTアートにおすすめの印刷用紙

nftart

美術展品質の大判プリントサービス"PHOTOPRI"スタッフです。

今回はNFTアートにおすすめの印刷用紙について解説していきます!

NFTアートを飾る方法は、

「リアルアートとして紙に印刷」

「デジタルフォトフレームを使う」

などを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

NFTアートをリアルアートとして紙に印刷して飾る場合、どんな印刷用紙にプリントすればプリントすれば綺麗に見えるのかや映えるのかが気になりますよね?


結論から申し上げると、NFTアートをリアルアートとして
紙に印刷して飾る場合、NFTアートの作風で用紙を選ぶことをおすすめします。

 

今回はNFTアートを作風別に大きく4つに分けて

  • ピクセルアート
  • アニメイラスト
  • 幾何学的なアート
  • 絵画

 

を詳しく紹介します。

NFTアートにおすすめの印刷用紙についてどれを選べばいいか悩んでいる方やご自身が持っているNFTアートにピッタリの印刷用紙を知りたい方の参考になれば嬉しいです。

NFTアートの作風で用紙を選ぶ

 

ピクセルアート

pixel art

ピクセルアートは、日本語で「ドット絵」とも呼ばれる1980年代に普及したコンピューターやゲームの機能的な制約のもと発展した低解像度の描写のアートです。

レトロゲームのような作風で近年人気が出ている画風です。

ピクセルアートにおすすめの用紙は、

【EPSON】プロフェッショナルフォトペーパー厚手光沢<商品ページへ>

【EPSON】プロフェッショナルフォトペーパー厚手絹目<商品ページへ>

【EPSON】プロフェッショナルフォトペーパー厚手微光沢<商品ページへ>

です。

それぞれの用紙の特徴はリンク先を参考にしてみてくださいね。


アニメイラスト

輪郭や境界線をはっきり線で描き、色や影のグラデーションを単純化させ段階的に表現した画風です。

アニメイラストにおすすめの用紙は、

【EPSON】Velvet Fine Art Paper<商品ページへ>

【Hahnemuhle】Photo Rag<商品ページへ>


です。

それぞれの用紙の特徴はリンク先を参考にしてみてくださいね。

幾何学的なアート

geometry

幾何学的なアートは、直線や曲線を使ったシンプルかつ複雑な造形で見る人を魅了します。

そもそも幾何学とは図形や空間の性質について研究する数学の分野の1つで、エジプトで生まれたものが古代ギリシャで独自に発達したと言われています。

白黒を基調としたものやカラフルな色使いのアートまで色々ありますが、幾何学的なアートにおすすめの用紙は、

【EPSON】プロフェッショナルフォトペーパー厚手光沢<商品ページへ>


【EPSON】プレミアムマットキャンバス<商品ページへ>


【EPSON】pxプレミアムマット紙 <商品ページへ>


です。

それぞれの用紙の特徴はリンク先を参考にしてみてくださいね。

 

絵画

painting

絵画線や色彩などを用いて、物の姿や形を平面上に描き出す画風です。

素材や作風も様々で、絵画の種類によって用紙も分けたほうが見栄えします。

画風によっても選びたい用紙は異なるため一概にお勧めはできませんが、

【EPSON】プロフェッショナルフォトペーパー厚手微光沢<商品ページへ>

【EPSON】MC画材用紙<商品ページへ>


などがおすすめです。

それぞれの用紙の特徴はリンク先を参考にしてみてくださいね。

 

 【参考】デジタルアートキャンバス

Digital Art Canvas
デジタルアートキャンバスは、ディスプレイ機能が搭載された額縁です。(NFT界隈では「ハイテク額縁」とも呼ばれているようです。)

紙に印刷する以外にもデジタルのまま飾ることができるのがNFTの強みでもあり、魅力でもあります。

おすすめのデジタルアートキャンバスもこちらから飛べますのでチェックしてみてくださいね。

 

スクエア(正方形)のキャンバスはこちら<商品ページへ>

 長方形のキャンバスはこちら<商品ページへ>

 

まとめ

今回はNFTアートにおすすめの印刷用紙について詳しく紹介しました。


NFTアートの作風で用紙を選ぶことで、より作品が映えたり、インテリアとして飾ることができるのもNFTアートを印刷する強みと言えます。

写真展・美術展品質の大判プリントサービス"PHOTOPRI"ではプロのお客様はもちろんのこと、個人利用のお客様からのデータを送るだけの大判印刷を承っております。

プロのスタッフが熟練のカラーマッチングでアート作品を高精細かつ美しく仕上げております。

こちらの記事を参考にNFTアートの印刷して素敵なリアルアートとして紙に印刷して飾ってみてくださいね。

お試し印刷してみませんか?

車を買う時は一度試乗をするように、プリントをする前に、まずは無料のお試し印刷をご利用いただき、ご自身の目で用紙を体験してほしいと思っています。

光沢紙、マット紙、ファインアート紙、和紙など多岐に渡る用紙それぞれがもつ風合いや手触り、色写りなど、実際に印刷物を手にしてみないと分かりませんよね。

たくさんの用紙の中からベストなものを選択しようとしても、いきなりは難しいと思います。どれを選んだら良いのか分からないという方は本当に多いのです。

お試し印刷は、ご自身の写真データを使って出力することができます。

大判プリントを注文したことがない方、一枚からのご注文も受け付けておりますので、是非一度ご活用ください! 

お試し印刷はこちら

 

お試し印刷

TEST PRINT

無料のお試しプリント

写真展品質の大判プリントサービス"PHOTOPRI"では最大B0ノビサイズのプリントに対応しており、私を含むプロのスタッフが熟練のカラーマッチングでお写真やイラスト・絵画作品を高精細かつ美しく仕上げております。

A1サイズで約3,800円〜とクオリティに反してリーズナブルですのでよかったらご検討ください!

A5サイズであれば最大無料のお試し印刷もやっているので、まずは品質を確認してみてくださいね〜!

お試しプリントへ